<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ポートランドの壷とウエッジウッド

     
d0098198_6364696.jpg
  


           大英博物館には ポートランドの壷 と呼ばれる

             エトルリア時代の壷があります。

       今から2000年ほど前にイタリアで作られたとされる

                   美しい壷です。

d0098198_6371795.jpg


  この壷の表面に描かれたのは、古代ギリシャ神話のペレウス海の女神テティス

      婚礼のシーンと言われていますが、今から2000年も前にこんなに美しい

        カメオグラスの壷が作られたと思うと、溜息がでてきそうです。


      英国陶工の父と言われるジョサイア・ウエッジウッドも、私と同じように

          この壷を見て感動し、なんとか同じような物が作れないかと

                 考えたのではないでしょうか?


     やがて、彼はこの壷を借りる機会得てウエッジウッドのジャスパー・ウェアーの

             技術で5年の試作の後、第一作が完成します。

     現在でも、ウエッジウッド社のバックスタンプは、この壷がデザインされています。


       スタフォードシャーにある、陶磁器の街ストック・オン・トレントの

    ウエッジウッド窯のウエッジウッドの銅像はいつも手にしたこのポートランドの壷を

             眺めているように感じるMrs.Yなのでした



                     
d0098198_6443213.jpg

[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-03-10 03:42 | 歴史

ヘンリーⅧと 6人の妻たち



d0098198_1114285.jpg


           少し前になりますが、テイト ブリテンで行われ

              ていたホルバイン展に行きました。

         ハンス・ホルバインはドイツ生まれでチューダー朝の

                 宮廷画家として活躍しました。

          特にあの悪名高きヘンリーⅧやその妻達を描いた事でも有名です。

        ホルバイン展では、トーマス・モア家の人々のポートレートや

          画家としてだけでなく宝石やシルバーウェアーのデザインなど

                彼の多才な才能がわかる特別展でした。

          また彼の描く人物像を見ているうちに、ヘンリーⅧの6人の妻を

                      調べてみたくなりました。

d0098198_18055.jpg


       第一番目の妻 キャサリン オブ アラゴン(1485~1536)

         もともと、ヘンリーⅧの兄アーサーと結婚するも兄の急死で

        1509年にヘンリーⅧと結婚し、娘メアリー(後のメアリーⅠ世)を

      もうけるが1533年に結婚の無効を突きつけられ、キンボルトン城で亡くなる。


d0098198_182219.jpg

         第二番目の妻 アン ブリーン(1507~1536)

     一番目の妻キャサリンの女官で、彼女との結婚のため、ローマ・カトリック教会と

                    訣別して、1533年に結婚する。

     娘エリザベス(後のエリザベスⅠ世)をもうけるが、1536年に姦通罪にて

                         処刑される。


d0098198_185350.jpg

          第三番目の妻 ジェイン シーモア (1509~1537)

          アン ブリーンを処刑した翌日、ハンプトンコート宮殿で結婚の

          誓約をし、その翌年待ち望んだ男子エドワード6世を産むが

                  その12日後に亡くなる。


d0098198_19169.jpg

        第四番目の妻 アン オブ クレーヴス (1515~1557)

             ドイツに行ったホルバインの描いたアンのポートレートで

        結婚をするが、実際の容貌を不満に4ヶ月で婚姻は解消される。

       その後、リッチモンド宮殿に過ごしウエストミンスターアベーに葬られる。


d0098198_194881.jpg

        第五番目の妻 キャサリン ハワード (1521?~1542)

       2番目の妻アン ブリーンの従妹である彼女は、1540年に結婚。

           しかし、その2年後姦通罪でロンドン塔で処刑される。


d0098198_1101665.jpg

            第六番目の妻 キャサリン バー (1512~1548)

         二回の結婚暦のある未亡人、1543年晩年のヘンリーⅧと結婚する。

        エリザベス、メアリー、エドワード6世の養育をし、王から信頼を得ていた。

            1547年に、ヘンリーⅧが亡くなった後、ジェイン シーモアの兄

       トーマス シーモアと再婚し出産するが、産後の肥立が悪くその翌年に亡くなる。



         1547年、55歳でヘンリーⅧは亡くなり、息子のエドワードは9歳で

             エドワードⅥとして即位するが、15歳で亡くなる。

          その後メアリーⅠ、エリザベスⅠと王位は継がれて行った。



        イギリスに暮らすようになり、教会などを訪れるたびに耳にする
 
       ヘンリーⅧの名やローマ・カトリックとの訣別、修道院破壊と没収の

     陰に生きた妻達は、はたしてひと時でも幸せを感じた時期が、あったのかどうか

       解りませんが、肖像画の中の妻達の表情が一様に憂いを帯びていると

                     感じるMrs.Yなのでした。




[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-03-06 18:27 | 歴史

イギリス版 村興しと ローラ・アシューレー

    
d0098198_2113336.jpg
     

           イギリスの村々も、日本と同じような悩みを抱えて

        村興しに励む地域があると聞き、ウエールズ地方のヘイ・オン・ワイ

                   という村を訪れました。



       ロンドンから車で3時間ほど走ると、なだらかな丘陵の中にある村

      ヘイ・オン・ワイは村興しの為に古本屋さんが、小さな村で30軒以上も

                    軒を連ねています。

d0098198_212694.jpg



       今ではこれが有名になってロンドンあたりからも人々が

                 訪れ活気のある村となりました。


         そのヘイ・オン・ワイからさらに車で30分ほど走ると

   今度はローラ・アシュレーのホテルとして知られた、スランゴイド・ホールが

    このあたりに連なるブラック・マウンティンズを背景にして表われてきました。
d0098198_2122938.jpg


     今は亡きローラ・アシュレーが夫の所有していたスランゴイド・ホールの

         全ての物を彼女のものでコーディネートしたホテルです。
d0098198_2125476.jpg


d0098198_2132358.jpg



      各部屋それぞれのカーテンやジュータン、壁の額や置物の全てが

          ローラ・アシュレーの世界をかもし出していています。

d0098198_2134816.jpg


d0098198_214763.jpg



      窓から見えるのは、山々と緑の芝生、そして群れを成す羊達、

       日常を忘れるほど優雅なひと時を過ごすことが出来そうです。


d0098198_2144160.jpg


     ところで、今回はウエールズを訪れて、イングリッシュとは違った

                  単語を見つけてきました。

d0098198_2151099.jpg



       このスランゴイド・ホールもスペルはLlangoed Hall なのです。

       ウエールズ語は、なかなか手ごわそうだと感じるMrs.Yなのでした

d0098198_2155370.jpg

[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-03-01 01:30 | 旅行

ロンドンの四季を通して、心豊かな日常を綴ります


by mrsylondon2005
プロフィールを見る
画像一覧