カテゴリ:旅行( 9 )

五条天神と天使の突抜通り

先日歩いたのが 大通りを繋ぐ辻子(ずし)と言う道でした。
基本的には道の向こう側まで貫通されているそうですが、稀には通り抜け出来ない辻子もあるようです。
そして露地(ろーじ)。
こちらは行き止まりの道で、路地の入り口には敷地内の住人の名前の表札がかかっていることが多いと言うので観察しながら歩いているとそんな露地も結構 見つけることが出来ました。
そして辻子とは違い、一般的に障害物を取り壊し突き抜いて作られた道を突抜と言うそうです。
京都には天使突抜通りと言う可愛らしい名前の道があると知り仏光寺通りを歩いているとちょっと不自然に細い道が伸びていました。
両側の塀や民家が迫っていて細い道です。
つらつらとまるで辻子のような道を歩いて行きますと、
高辻通り沿いに何やら石碑があるので覗いてみると比叡山の僧侶の道元禅師に関わりのある場所のようです。
調べてみると
1252年(建長4年)、夏頃から体調を崩され、翌年には永平寺を懐奘(えじょう)禅師にゆずられます。8月には療養のため京都の俗弟子、覚念の邸宅へ行かれましたが、治療の甲斐なく1253年9月29日(陰暦8月28日)に54歳でその生涯をとじられました。
とのことで、弟子の覚念僧侶の邸宅跡のようです。
後程 入った喫茶店のマスターのお話では毎年亡くなった日には比叡山より僧侶が来てお祈りされているそうです。
道の名前のある看板を見つけたのでパチリしながら更に歩いて行くと松原通りまでやって来ました。
松原通りと西洞院通りの辺りに鳥居が見えて来たので行ってみると
五条天神さんでした。
牛若丸と弁慶の出会いの場所がこのあたりであったので松原通りにはこんなものもありました。
一般的には天神さんは菅原道真を祀っていますが、ここ五条天神では天からの御使いとして大国主命と協力して国造りに尽くした少彦名命(すくなひこな)が祭られています。
さる本を読んだ時に書いてあったのは、このすくなひこなは古代神話によると、常世の国から天を飛ぶ船に乗ってこの世に往来して国造りをしたそうですが、その姿形がとても小さかったそうです。
ですがら一寸法師と重ねられているとかないとか。。
平安京に遷都するにあたり桓武天皇が奈良から呼び寄せ都の守護を託したそうです。
ですので、天使の宮、あるいは天使社と呼ばれていましたが、後鳥羽院の時代に五条天神宮と改められたそうです。
その五条天神に999本の刀を奪った弁慶は1000本目に極上の刀が手にはいるように祈っていると牛若丸(源義経)に遭遇したそうです。
牛若丸のお話では五条大橋の上での出会いとなっていますが、かつての五条大橋は今の松原橋ですので、ここ五条天神での出会いと言う方が真実なのかなと思われて来ます。
少し疲れので天使突抜と五条天神の間にある喫茶店で一休み。
喫茶店のマスターから天使突抜町は一丁目から四丁目まで500メートルほどあると教えて頂きました。
この通りの正式な名前は東中筋通りなのですが、豊臣秀吉の時代に平安遷都からの由緒ある五条天神の境内を分断して突き抜いて道を作ってしまったそうです。
天使社の中を突き抜いたので天使の突抜と言うことなのでしょうか?
名前のニュアンスとは違ってちょっぴり怖いお話でした。
喫茶店のマスターが天使突抜町に暮らすマリンバ奏者の通崎睦美さんがこの街で暮らすが故の体験談を綴っておられると教えてくださいました。
いったいどんな体験なのかな?と本を読んでみたくなりました。


[PR]
by mrsylondon2005 | 2016-11-11 22:06 | 旅行

旧古河庭園の秋薔薇

10月に入り秋薔薇が咲き始めました。



明治から大正にかけて鹿鳴館や旧岩崎邸などを

d0098198_21062836.jpg
手掛けたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計をした古河財閥の洋館 旧古川庭園の秋薔薇が咲き始めたので訪れました。

d0098198_21063172.jpg


d0098198_21063360.jpg


五分咲きとのことでしたが、とても綺麗でした。

また 薔薇園の下に広がる日本庭園は、京都の庭師 植治こと小川治兵衛で、洋風庭園にも勝るとも劣らない魅力的な名庭を造りあげています。

d0098198_21063742.jpg

style="border: 0px; font-family: "Open Sans", "Helvetica Neue", Helvetica, Arial, sans-serif; font-size: 13px; margin-bottom: 1em;

outline: 0px; vertical-align: baseline; color: rgb(64, 64, 64); white-space: normal;">石造りの洋館のお部屋がカフェになっているので、お庭の薔薇を眺めながらまったりティータイムを楽しみました。


http://mrsylondon2008.wordpress.com/
にも記事を書いています。

d0098198_21064056.jpg

[PR]
by mrsylondon2005 | 2016-10-15 20:59 | 旅行

yukiko5583.wordpress.comよりお引っ越しをしました。

2005年から続けて来たMrs.Yのロンドン滞在日記のファイルが一杯になり本格的にこちらにお引っ越しすることになりました。

ロンドン時代から日本での10年間のブログでした。
http://yukiko5583.wordpress.com/

最近は日本の町歩きがメインですが
引き継き宜しくお願い致します。

今日は京都の町歩きです。

京都の三閣と言えば、鹿苑寺金閣と慈照寺銀閣   そして、西本願寺の飛雲閣です。

大徳寺の呑湖閣を加えると京都 四閣と言うそうです。

金閣、銀閣、呑湖閣に続き普段は非公開の飛雲閣を訪れました。
これで京都四閣は制覇です。
次は東福寺の伝衣閣に行けたら五閣制覇ですが、いつになることやら。

d0098198_20563074.jpg


さて、西本願寺では、親鸞聖人から数えて25代の専如門主の奉告法要が行われると同時に飛雲閣もお庭からだけですが無料で見学できるとの事で行ってみることにしました。

新幹線で京都に到着したのはお昼前でしたのでそれまでは東山界隈を歩き回り 午後3時半からの開門に合わせて西本願寺に向かいました。

御影堂では、25代の式典が行われていて、全国各地から式典に参列する人々が集まっているようでした。

私は真っ直ぐに飛雲閣のある滴翠園に向かいました。

飛雲閣は聚楽第の遺構とも言われるだけあり
三層の柿葺の楼閣が美しく空に浮かぶ雲のようだと飛雲閣と名付けられたそうです。

もともと飛雲閣は水に浮かぶ作りだったので船で建物まで行き舟入の間があるそうです。

飛雲閣を眺めたあとは、やはり特別公開の書院見学に向かいました。



午後の部は15時半からですので、京都についてから河原町七条の開化堂カフェでティータイム。名古屋チックなあんこたっぷりなトーストとコーヒーを頂き腹ごしらえしてから七条通りを東に向かって歩いて行きました。

目指すは三十三間堂と養源院の間の南側にある方広寺の南大門と太閤塀です。

養源院を過ぎるとお隣は後白河法王の住まいだった法住寺でその横に法王の御陵もあります。

お向かいの三十三間堂は平清盛が法王の為に寄進したものです。

大仏前交番まで戻り京都国立博物館を見ると今日は閉館しているらしく静かです。

博物館の庭の噴水のあたりに大阪夏の陣のきっかけになった鐘楼があったそうです。

豊国神社と方広寺の間の細い道を行くと住宅地に出てきました。

そこにはかつて大仏のあったらしい場所が公園になっていて発掘調査で方広寺の大仏は奈良の東大寺の大仏より大きかったことがわかったそうです。

公園の石のベンチが大仏の台座だったとか。

あたりにすすきが風にそよいでいました。

正面通りから見る方広寺の巨大な石垣も当時のもの。




正面通りの甘春堂に入りお抹茶と和菓子を頂きながら、豊臣秀吉が作りたかった大仏ワールドに思いを馳せました。

[PR]
by mrsylondon2005 | 2016-10-10 21:08 | 旅行

ハドンホールに咲いた花

d0098198_4373925.jpg


          もうずっとずっと昔、30年くらい前になるでしょうか?

        結婚をされたばかりのお友達のお家に遊びに行った時に

            とても美しい花柄のカップを初めて見ました。


        それが英国の陶磁器会社 ミントンと初めての出会い。

     カップはハドンホールと言うシリーズで、まるでテーブルの上に花が咲いたように

             華やかで、一目で虜になってしまいました。


      当時、恐らくカップ&ソーサーが一客 一万円以上のお値段が付いていて

        とうていセットでは、手に入れられないような高価なものでした。

    それから、随分経ってから、やっと自分の手元にやってきたミントンハドンホールの

           生まれた中世のお城に向かったのは、今年の春でした。



d0098198_4383328.jpg


  宗教改革により、潰されてしまった礼拝堂の壁から、修復中に偶然発見された壁画は

        かつてイタリア人画家たちが80年を費やして書き上げたもの。

   今では、当時の色も殆ど失せてしまっていますが、それでもとても美しいものです。

  ミントンのアート・ディレクターのワーズワースはこの壁画からインスピレーションを得て

            ミントンの不朽の名作、ハドンホールが生まれました。

d0098198_4503383.jpg



       今では、スーパーなどでも手軽に手に入るようになったハドンホールですが

                    私の 大切な大切な宝物です。
[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-09-03 04:51 | 旅行

イギリス版 村興しと ローラ・アシューレー

    
d0098198_2113336.jpg
     

           イギリスの村々も、日本と同じような悩みを抱えて

        村興しに励む地域があると聞き、ウエールズ地方のヘイ・オン・ワイ

                   という村を訪れました。



       ロンドンから車で3時間ほど走ると、なだらかな丘陵の中にある村

      ヘイ・オン・ワイは村興しの為に古本屋さんが、小さな村で30軒以上も

                    軒を連ねています。

d0098198_212694.jpg



       今ではこれが有名になってロンドンあたりからも人々が

                 訪れ活気のある村となりました。


         そのヘイ・オン・ワイからさらに車で30分ほど走ると

   今度はローラ・アシュレーのホテルとして知られた、スランゴイド・ホールが

    このあたりに連なるブラック・マウンティンズを背景にして表われてきました。
d0098198_2122938.jpg


     今は亡きローラ・アシュレーが夫の所有していたスランゴイド・ホールの

         全ての物を彼女のものでコーディネートしたホテルです。
d0098198_2125476.jpg


d0098198_2132358.jpg



      各部屋それぞれのカーテンやジュータン、壁の額や置物の全てが

          ローラ・アシュレーの世界をかもし出していています。

d0098198_2134816.jpg


d0098198_214763.jpg



      窓から見えるのは、山々と緑の芝生、そして群れを成す羊達、

       日常を忘れるほど優雅なひと時を過ごすことが出来そうです。


d0098198_2144160.jpg


     ところで、今回はウエールズを訪れて、イングリッシュとは違った

                  単語を見つけてきました。

d0098198_2151099.jpg



       このスランゴイド・ホールもスペルはLlangoed Hall なのです。

       ウエールズ語は、なかなか手ごわそうだと感じるMrs.Yなのでした

d0098198_2155370.jpg

[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-03-01 01:30 | 旅行

大聖堂のある街    鐘と大聖堂

  
d0098198_4371480.jpg


    私が暮らすロンドンの街には、教会がたくさんあって

その教会の鐘の響きを耳にする事は珍しい事ではありません。

それでも、教会の鐘を突くのを目の当たりにする機会は

      なかなかある頃ではないでしょう。


  先日、ロンドンから約230キロ北東にあるウエールズ地方の

     小さな街、ヘリフォードの大聖堂を訪ねました。

d0098198_4375338.jpg


朝まだこれから始まるミサの前で静かさに満ちた大聖堂の中に

足を踏み入れステンドグラスや、側面に12人のキリストの弟子の描かれた

    ノルマン時代の洗礼盤や聖歌隊席などを見て歩いていると

隅の方にある小さな開いたドアと上の方に続く狭い螺旋階段が目に入り

        導かれるように階段を上がってゆきました。

d0098198_4382537.jpg



思ったより階段は多くて、息を切らしながら200段以上上がったところで

        教会の屋根の基礎の部分に到着しました。

そこからさらに伸びて行く階段を登って行くと、ぽっかりと開けた空間に

         7~8人の方々が、集まっていました。


  息を切らして、入っていった私に一人のおじ様が声を掛けて

下さったのでロンドンから大聖堂の見学に来た事をお話すると、

おじ様はこの空間の上の部分の鐘を見せてくださると言うので

             付いてゆきました。

d0098198_4385799.jpg



      この大聖堂の鐘は、古いもので1400年代だそうで

     鐘の保護のためにもこの鐘を鳴らすのは日曜日だけと

             決められているそうです。

d0098198_4392571.jpg


そして9時40分頃になると、おじ様もオバサマも垂れ下がったロープを握り

一斉にロープを引き始めると、鐘が響き始めあたりの空気も振動を始めました。


こうして最後に、テンダーと呼ばれる大鐘を鳴らすおじ様が、体一杯にロープに

ぶら下がるように10回最後の鐘を鳴らして、あたりは静寂に戻ったのでした。

d0098198_439538.jpg



     一人のおじ様は、60年間この鐘を鳴らしているそうです。

そのほかのおじ様もオバサマも皆さん、一週間に一度この鐘を鳴らすために

この教会にやって来ると話されていましたが、そういったイギリス人の

          人生観を垣間見るひと時でした。


    皆さんとお別れして、また下界に降り立ったMrs.Y心には


        爽やかな鐘の音が響いていたのでした。

d0098198_4401527.jpg

[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-02-21 03:12 | 旅行

塔の街 ピサと サン・ジミニャーノ


d0098198_19434865.jpg

    イタリアの花の都 フィレンツェから 少し足を延ばすと

   嘗栄華を極めた街が点在していました


   ピサは10世紀から栄えた海洋王国だったそうです。

今では、傾斜角度5.5度と大きく傾いた斜塔で有名ですが

     この塔はピサの大聖堂の鐘楼として建てられたもので

  ガリレオ・ガリレイが塔の上から落下の実験を行った事もあるそうです。

d0098198_19442852.jpg



      大聖堂の中では  イスラム国からの戦利品として

        持ち帰ったイスラム様式の柱が目を引きました。

 
d0098198_19454874.jpg



   塔の街と言えば、サン・ジミニャーノも忘れる事ができません。

   フィレンツェから郊外に向かうとなだらかな丘陵地帯に

          突然塔の群れが現れてきました。

d0098198_19461087.jpg



     中世の面影を深く残すこのサン・ジミニャーノには

       嘗ては72本もの塔が乱立していたそうです。

 この地に暮らした貴族たちは、お互いの権力の象徴として塔を建て

       その高さで、権力を競ったと言われています。

d0098198_242392.jpg



     ピサの街も、このサン・ジミニャーノの街もやがて衰退して

         今では時間の止まったような空間に

     Mrs.Yは嘗ての街の繁栄にしばし思いを馳せるのでした。
[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-01-31 19:49 | 旅行

ローマ と ミケランジェロ

    
d0098198_67590.jpg


    イタリアの永遠の都 ローマは「全ての道は、ローマに続く」と言われ

    ヨーロッパ都市の原点、街の至る所には遥かな時を越えて存在し続ける

           歴史的遺産の足跡が残されています。


   また古代ローマ帝国の首都として、ヨーロッパの国に影響を与え、更には

       世界の歴史にもその影響を及ぼしたことを考えると自然に

    「ローマは一日にして成らず」と習った言葉が 胸に蘇ってきました。


   昨年ローマを訪れた時に、中にはいる事の出来なかったサン・ピエトロ寺院に

   向かい 寺院の中に入るやいなや、ミケランジェロの作品のピエタ像を探します。


     広い寺院の中でも、このピエタ像の前には、人垣が出来ています。

    小柄なMrs.Yは、こういった時は有利で、チョコチョコと人の間を縫って

       防弾硝子の中の、ピエタ像とご対面したのでした。


     感激を胸に、寺院の外に出ると、サン・ピエトロ広場には

        またまた多くの人垣が出来ていました。
  
d0098198_691810.jpg


    1656年にベルリーニが設計したとされるバロック建築の傑作の

      広場には、建物を越えるくらい大きなクリスマスツリーがあって

             その下に、人々が集まってきています。


      その人たちの見上げる方向には、赤いタペストリーの下がった窓から

          何方かが、お話をしている姿が、かすかに見えました。

   
d0098198_695010.jpg



      これぞ将にローマ法皇 べェネディクト16世 なにをお話されているのかは

   解りませんが、多分とてもありがたいお話で、チョッと得をした気分のMrs.Yです。


     サン・ピエトロ広場を後にして、サン・タンジェロ城に向かいます。


  
d0098198_6101882.jpg

   このお城、元はハドリアヌスの帝の廟として135年に建造されましたが

 お城の名前は、聖天使ミカエル(Sant’Angelo)が590年ペストが大流行した際に

    現れて、剣で疫病を打ち払って街を救った伝説に由来しているそうです。


  お城から、テベレ川に掛るサン・タンジェロ橋は、ローマ屈指の美しい橋で

    ベルリーニ作の天使の像の恍惚とした表情は、以前行った

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会の聖テレサの法悦を思い起こさてくれました。

  
d0098198_6104838.jpg


  イタリアで迎えたニューイヤーイヴは 激しい鳴り響く花火の音と

       あたり一面を煙で包むほど激しい爆竹の音で

     イタリア人の情熱の強さを 改めて感じたMrs.Yなのでした

d0098198_6112915.jpg


 ピエタとは、イタリア語の哀れみや慈悲と言った意味で十字架から下ろされた

     キリストを抱くマリアの絵画や彫刻を指します。

  サン・ピエトロ寺院のミケランジェロのピエタ像は、彼が25歳にも満たない時に

   製作したもので、作品の出来栄えを嫉妬した人が、彼が作ったのではないと

   言った為、唯一この作品にはマリアの洋服の所に、彼の署名が入っています。


      そして、このピエタ像にはもう一つの逸話が残っています。

  このピエタを製作するに当たって、彼は当時のお金で150ドゥカートを

  要求したそうですがこれは相当な金額で、依頼主も「高すぎる」と言った時、

   彼は平然として「得をするのは、あなたです」と言い放ったという・・・。

   あのシスティーナ礼拝堂をたった一人で仕上げた気質の片鱗は

          この頃既にあったようです。


  ともあれ、この憂い秘めたマリアに嘗て何処かであったような気がして・・・。

  あれはブリュージュのノートルダム教会の聖母子像、幼くして母をなくした

  ミケランジェロにとって母の面影をマリアさまの中に見たのでしょうか。

d0098198_6132126.jpg

 
    イタリアを代表する街、ヴェネツィア、フィレンツェそしてローマを

   2つのテーマ 橋と芸術を絡めて(専門家とは違った解釈かも知れませんが)

          記録に留めています。

          

      まだまだイタリアの世界遺産の旅は続きますが

             おつき合いよろしくお願いします。
[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-01-22 06:14 | 旅行

モン・サン・ミッシェル ~娘との旅~


d0098198_9105259.jpg




主婦になった娘と、初めての旅の行き先はパリとモン・サン・ミッシェル

パリから北西に358キロ、ブルターニューとノルマンディーの境の海に浮かぶ

             モン・サン・ミッシェルを目指します。

                往復8時間の大移動です。

  

 フランスの高速道路は広く快適で、途中にはお国柄か こんな看板がいたる所に

        見えて、長いドライブの疲れを忘れさせてくれます。

   
  
  


    モン・サン・ミッシェルに向かう途中、ノルマンディーの海岸の近くを走ります。

  第二次世界大戦の1944年6月6日 史上最大の作戦は、この長い海岸に

  イギリスとアメリカのパラシュート部隊が降り立つ所から始まり2ヶ月間の激しい戦いの後

ナチス ドイツに侵略されたフランスを救ったことで有名ですが、最初に解放された町が

           あのタペストリーで有名なバイユーの町だったそうです。


d0098198_914625.jpg

            タペストリーのモンサンミッシェル


  708年、このモンサンミッシェルの対岸にある町の司教が夢枕で、聖ミカエルから

        「岩山の上に修道院を建てよ」と告げられたのが、

          このモン・サン・ミッシェルの始まりだそうです。

        
              聖ミカエルと お告げを受けた司教 オベール


  
         修道院付属の教会                         内庭回廊



    
       オムレツで有名な プラールおばさんのメール・プラールと名物のビスケット



  
              可愛いお土産屋さんの看板通り


  聖ミカエルは、ヨハネの黙示録の中で悪魔の象徴の竜を打ち倒したことから手には

剣を持っています。また人間が死を迎えるとき、最後の審判をする審判員なので天秤を

                 持っていることも多いそうです。
  
     
    塔の上の聖ミカエル                   実物大の聖ミカエルの複製


      私達が訪れた時は引き潮で、あたりは干潟になっていました。

 嘗ては、この地方の潮の満ち引きが早く、その高低差も最大15メートルもあったため

          多くの巡礼者が、潮に飲まれて命を失ったそうです。

     しかし近年、道路が出来たため、潮の満ち引きに影響が出て、

  このままではこのモン・サン・ミッシェルは海に浮かぶ事がなくなってしまうと、

   将来的にはこの道路をなくして、嘗て巡礼の人々が歩いてこの島に

         渡って来たように戻す計画が始まったそうです。

   


そして、今まで体積した土を、一気に流すためのダムの建築も始まっていました。

1979年に世界遺産に登録されたこの美しい風景が、私達の時代に失われて

しまわないようにいつまでも保たれて、いつか娘に子供が生まれたら、

また同じこの素晴らしい景色を見てもらいたいと願ったMrs.Y なのでした
[PR]
by mrsylondon2005 | 2007-01-19 09:18 | 旅行

ロンドンの四季を通して、心豊かな日常を綴ります


by mrsylondon2005
プロフィールを見る
画像一覧