フリーメイソンは秘密結社か?



d0098198_655592.jpg



 白く聳え立つ不等辺五角形の白亜の殿堂こそ、あの秘密結社で

名高いフリーメイソンの本部建物です。


 観光客で賑わう、コベント ガーデンから歩いて5分ほどの場所ですが

なぜか、人を寄せ付けない建物という印象を受けるのは私だけなのでしょうか?

フリーメイソンと言えば、謎に満ちた秘密結社、或いは変わったコスチュームで

これまた秘密の儀式を行う団体のようなイメージが先考してしまいますが

同じ信条で結ばれた現存最古の団体かもしれません。

d0098198_8274581.jpg


Mrs.Y は 今回フリーメイソンの本部に潜入して、その正体に迫ろうと思います。

 
フリーメイソンの起源は、中世イギリスの石工の職人ギルドとされますが
     
中世の時代、教会を建てる職人はもっとも信頼の置ける人々

であるとされたようです。

 そして1717年にジョージ2世の皇太子フレデリックがメンバーになってからは

イギリス王室と密接な関係を築き、近代フリーメイソンが始まったそうです。

ロンドンにグランド・ロッジなる集会所ができたのもこの年で

さらに各地に各国に広がってゆました。


この頃から、職人組合と言うよりは、紳士結社さらには、エリート集団と言う

意味合いが強くなってゆくのですが、この建物の中には

シンボルめいた物が沢山あります。


 ダ・ビンチ・コードで見たような上向きと下向きの三角形で作られた星は

ダビデの星或いはソロモンの封印とされ、建物内部のいたる所に見られます。



1400席はあるという大神殿 グランド テンプル は最も神聖な場所です。

天井にはメイソンと宇宙のつながりを示す、太陽や月星が

 鮮やかな青い色の中に金色で描かれています。


この天体を囲む東西南北の壁面には、東にソロモン王とヒラム王

西には、数学者ピタゴラスとユークリッド、南には白馬に乗った太陽神ヘリオス

そして、北にはすべてを見通す神の目が全てモザイクで描かれていました。

   
d0098198_6594425.gif
フリーメイソンで、もっともシンボリックな物は、建築用具の直角定規と

コンパスで この二つは、道徳と真理を表しているそうです。

  
d0098198_711258.jpg
では、入会資格はと言うと、神の存在を信じる人望厚い全ての男性に開かれ

ているそうですが、イギリスでは、女性には門戸は開かれていないようです。

  
d0098198_6575416.jpg
 
待合室に飾られた、ジョージ・ワシントンを筆頭に、チャーチル、コナン・ドイル、

 モーツアルト、ゲーテ、日本人では吉田茂と凄い面々が名を連ねています。

 この団体、メンバー同士は、お互いに握手の仕方やハグの仕方で解るそうですが・・・。

  Mrs.Yには、結局 解ったような解らないような・・・・。

     
写真でお見せしたかったのですが、ココでは写真撮影禁止で涙のMrs.Y なのでした 
  

   
   

 
[PR]
by mrsylondon2005 | 2006-12-16 06:15

ロンドンの四季を通して、心豊かな日常を綴ります


by mrsylondon2005
プロフィールを見る
画像一覧