五条天神と天使の突抜通り

先日歩いたのが 大通りを繋ぐ辻子(ずし)と言う道でした。
基本的には道の向こう側まで貫通されているそうですが、稀には通り抜け出来ない辻子もあるようです。
そして露地(ろーじ)。
こちらは行き止まりの道で、路地の入り口には敷地内の住人の名前の表札がかかっていることが多いと言うので観察しながら歩いているとそんな露地も結構 見つけることが出来ました。
そして辻子とは違い、一般的に障害物を取り壊し突き抜いて作られた道を突抜と言うそうです。
京都には天使突抜通りと言う可愛らしい名前の道があると知り仏光寺通りを歩いているとちょっと不自然に細い道が伸びていました。
両側の塀や民家が迫っていて細い道です。
つらつらとまるで辻子のような道を歩いて行きますと、
高辻通り沿いに何やら石碑があるので覗いてみると比叡山の僧侶の道元禅師に関わりのある場所のようです。
調べてみると
1252年(建長4年)、夏頃から体調を崩され、翌年には永平寺を懐奘(えじょう)禅師にゆずられます。8月には療養のため京都の俗弟子、覚念の邸宅へ行かれましたが、治療の甲斐なく1253年9月29日(陰暦8月28日)に54歳でその生涯をとじられました。
とのことで、弟子の覚念僧侶の邸宅跡のようです。
後程 入った喫茶店のマスターのお話では毎年亡くなった日には比叡山より僧侶が来てお祈りされているそうです。
道の名前のある看板を見つけたのでパチリしながら更に歩いて行くと松原通りまでやって来ました。
松原通りと西洞院通りの辺りに鳥居が見えて来たので行ってみると
五条天神さんでした。
牛若丸と弁慶の出会いの場所がこのあたりであったので松原通りにはこんなものもありました。
一般的には天神さんは菅原道真を祀っていますが、ここ五条天神では天からの御使いとして大国主命と協力して国造りに尽くした少彦名命(すくなひこな)が祭られています。
さる本を読んだ時に書いてあったのは、このすくなひこなは古代神話によると、常世の国から天を飛ぶ船に乗ってこの世に往来して国造りをしたそうですが、その姿形がとても小さかったそうです。
ですがら一寸法師と重ねられているとかないとか。。
平安京に遷都するにあたり桓武天皇が奈良から呼び寄せ都の守護を託したそうです。
ですので、天使の宮、あるいは天使社と呼ばれていましたが、後鳥羽院の時代に五条天神宮と改められたそうです。
その五条天神に999本の刀を奪った弁慶は1000本目に極上の刀が手にはいるように祈っていると牛若丸(源義経)に遭遇したそうです。
牛若丸のお話では五条大橋の上での出会いとなっていますが、かつての五条大橋は今の松原橋ですので、ここ五条天神での出会いと言う方が真実なのかなと思われて来ます。
少し疲れので天使突抜と五条天神の間にある喫茶店で一休み。
喫茶店のマスターから天使突抜町は一丁目から四丁目まで500メートルほどあると教えて頂きました。
この通りの正式な名前は東中筋通りなのですが、豊臣秀吉の時代に平安遷都からの由緒ある五条天神の境内を分断して突き抜いて道を作ってしまったそうです。
天使社の中を突き抜いたので天使の突抜と言うことなのでしょうか?
名前のニュアンスとは違ってちょっぴり怖いお話でした。
喫茶店のマスターが天使突抜町に暮らすマリンバ奏者の通崎睦美さんがこの街で暮らすが故の体験談を綴っておられると教えてくださいました。
いったいどんな体験なのかな?と本を読んでみたくなりました。


[PR]
# by mrsylondon2005 | 2016-11-11 22:06 | 旅行

旧古河庭園の秋薔薇

10月に入り秋薔薇が咲き始めました。



明治から大正にかけて鹿鳴館や旧岩崎邸などを

d0098198_21062836.jpg
手掛けたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計をした古河財閥の洋館 旧古川庭園の秋薔薇が咲き始めたので訪れました。

d0098198_21063172.jpg


d0098198_21063360.jpg


五分咲きとのことでしたが、とても綺麗でした。

また 薔薇園の下に広がる日本庭園は、京都の庭師 植治こと小川治兵衛で、洋風庭園にも勝るとも劣らない魅力的な名庭を造りあげています。

d0098198_21063742.jpg

style="border: 0px; font-family: "Open Sans", "Helvetica Neue", Helvetica, Arial, sans-serif; font-size: 13px; margin-bottom: 1em;

outline: 0px; vertical-align: baseline; color: rgb(64, 64, 64); white-space: normal;">石造りの洋館のお部屋がカフェになっているので、お庭の薔薇を眺めながらまったりティータイムを楽しみました。


http://mrsylondon2008.wordpress.com/
にも記事を書いています。

d0098198_21064056.jpg

[PR]
# by mrsylondon2005 | 2016-10-15 20:59 | 旅行

yukiko5583.wordpress.comよりお引っ越しをしました。

2005年から続けて来たMrs.Yのロンドン滞在日記のファイルが一杯になり本格的にこちらにお引っ越しすることになりました。

ロンドン時代から日本での10年間のブログでした。
http://yukiko5583.wordpress.com/

最近は日本の町歩きがメインですが
引き継き宜しくお願い致します。

今日は京都の町歩きです。

京都の三閣と言えば、鹿苑寺金閣と慈照寺銀閣   そして、西本願寺の飛雲閣です。

大徳寺の呑湖閣を加えると京都 四閣と言うそうです。

金閣、銀閣、呑湖閣に続き普段は非公開の飛雲閣を訪れました。
これで京都四閣は制覇です。
次は東福寺の伝衣閣に行けたら五閣制覇ですが、いつになることやら。

d0098198_20563074.jpg


さて、西本願寺では、親鸞聖人から数えて25代の専如門主の奉告法要が行われると同時に飛雲閣もお庭からだけですが無料で見学できるとの事で行ってみることにしました。

新幹線で京都に到着したのはお昼前でしたのでそれまでは東山界隈を歩き回り 午後3時半からの開門に合わせて西本願寺に向かいました。

御影堂では、25代の式典が行われていて、全国各地から式典に参列する人々が集まっているようでした。

私は真っ直ぐに飛雲閣のある滴翠園に向かいました。

飛雲閣は聚楽第の遺構とも言われるだけあり
三層の柿葺の楼閣が美しく空に浮かぶ雲のようだと飛雲閣と名付けられたそうです。

もともと飛雲閣は水に浮かぶ作りだったので船で建物まで行き舟入の間があるそうです。

飛雲閣を眺めたあとは、やはり特別公開の書院見学に向かいました。



午後の部は15時半からですので、京都についてから河原町七条の開化堂カフェでティータイム。名古屋チックなあんこたっぷりなトーストとコーヒーを頂き腹ごしらえしてから七条通りを東に向かって歩いて行きました。

目指すは三十三間堂と養源院の間の南側にある方広寺の南大門と太閤塀です。

養源院を過ぎるとお隣は後白河法王の住まいだった法住寺でその横に法王の御陵もあります。

お向かいの三十三間堂は平清盛が法王の為に寄進したものです。

大仏前交番まで戻り京都国立博物館を見ると今日は閉館しているらしく静かです。

博物館の庭の噴水のあたりに大阪夏の陣のきっかけになった鐘楼があったそうです。

豊国神社と方広寺の間の細い道を行くと住宅地に出てきました。

そこにはかつて大仏のあったらしい場所が公園になっていて発掘調査で方広寺の大仏は奈良の東大寺の大仏より大きかったことがわかったそうです。

公園の石のベンチが大仏の台座だったとか。

あたりにすすきが風にそよいでいました。

正面通りから見る方広寺の巨大な石垣も当時のもの。




正面通りの甘春堂に入りお抹茶と和菓子を頂きながら、豊臣秀吉が作りたかった大仏ワールドに思いを馳せました。

[PR]
# by mrsylondon2005 | 2016-10-10 21:08 | 旅行

新年の紅茶教室

d0098198_16464970.jpg


           新年の紅茶教室は紅茶のグレードのお話でした。

         グレードとは等級のことで、少し専門的なお勉強です。

          ダージリンの紅茶の飲み比べをして頂きました。
    
         今日のお菓子は、新年のお菓子、ガレット・デ・ロア
   
           エピファニーの日に王様が食べたと言われます。

d0098198_16472420.jpg



         今では王様でなくても、誰でもいただけるお菓子ですが

           中に陶器で出来たフェーヴが入っています。

          これに当たった人は一年幸福に暮らせるそうです。

        フェーヴは王様の形の物や、ジンジャーボーイ、マカロンなど

         色々な形がありますので、見ているだけでも楽しくなります。

d0098198_16474943.jpg


    
      紅茶のカップは先日倒産したウエッジウッドのアンティークです。

         カップのウラのパーク、ポートランドの壷のお話に皆さん

                 熱心に耳を傾けて下さいました。
[PR]
# by mrsylondon2005 | 2009-01-16 16:48 | 紅茶

ほんわか紅茶の時間

d0098198_21472915.jpg
 

楽しかったロンドンでの生活を終え、日本に帰ってきました。
(ロンドンでの生活は「Mrs.Yのロンドン滞在日記」
http://mrsylondon2005.spaces.live.com/をご覧下さい)

これからは日本の自宅で英国式のティー&マナー教室を始めます。

美味しい紅茶と美味しいお菓子、ほんわか紅茶の時間を大切にしたいです。

今日はクリスマス講座を行いました。

d0098198_21463471.jpg

d0098198_21491023.jpg


たくさんの方に参加して頂き、有難うございました。

クリスマスにはたくさんのスパイスの入った食べ物や紅茶を頂きます。

今では手軽に手に入るスパイスも、昔はとっても高価で特別なものでした。

今年のクリスマスにはちょっぴりスパイスの効いたクリスマスティーはいかがでしょうか?

お教室では、イギリスならではのクリスマスプディング、

焼きたての温かいミンスミートパイやトライフルを頂いて戴きました。

d0098198_1061490.jpg


今回の講座の主役のクリスマスプディングですが、イギリスのクリスマスには欠かせません。

高級百貨店のハロッズのものから、庶民的なスーパーのテスコまでどこにでも売っています。

プディングを頂くと、寒い冬でも身体もお腹もほんわかと温かくなりました。
[PR]
# by mrsylondon2005 | 2008-12-19 21:49 | 紅茶

ノーフォーク・スコーンはいかが?


  
d0098198_20533819.jpg

 


            今日は紅茶の製造過程をみなさんと学びました。

        カメリア・シネンシスと言う茶樹から、紅茶や緑茶、ウーロン茶などが

                 生まれてくるって不思議です。

           今日のお菓子は、ノーフォーク・スコーンと言うスコーンの

            種類ですが、大きなケーキのような形です。



              中には、カレンツがたっぷり入っています。

           カレンツってあまり日本では馴染みがありませんが

               イギリスではポピュラーなんですよ。

  
d0098198_2054953.jpg



         スコーンだけでなく、色んな焼き菓子によく使われています。

    レーズンより少し小さい山葡萄の実を干したもので、とても美味しいです。

           次回の講座では、どんな英国菓子を焼きましょうか?


          あまーい焼き菓子の匂いのするサロンで、美味しい紅茶を

                    頂くのは至福の時間です。
 
 
[PR]
# by mrsylondon2005 | 2008-12-03 20:54 | 紅茶

クリスマスモード

d0098198_0505115.jpg


今日は朝からクリスマスに向けて、お部屋の模様替えを

しました。

クリスマス生まれの娘に買ったクリスマスツリー・・・。

今でもまだ使っています。


オーナメントは少しつづ、新しくなったりしましたが

てっぺんのお星様は今でも当時の物のままです。

今日は星型のクッキーも焼いて、クリスマスツリーも

おめかししました。

d0098198_052486.jpg



ツリーの側では、スパイスの美味しいそうな匂いもします。

早くクリスマスにならないかしら!
[PR]
# by mrsylondon2005 | 2008-12-03 00:54 | 紅茶

クリスマスの思い出



d0098198_04084.jpg
 今日は少しロンドンの思い出話を聞いて下さい。

 4ヶ月ぶりのロンドンでは、懐かしい気持ちと並行して

 実は、6月の終わりの日から、ず~とあのままロンドンに居たようにも

 思えました。

 去年のクリスマスシーズンには、アールズコートで行われた

 ある祭典にでかけました。

 これは、馬さんの祭典でしたが、日本でもとっても有名な馬さんの

 馬主の方が、連れて行ってくださったのですが

 これが本当に凄かったんです。

 エキシビション会場の中で、馬の競技やパレードなどが行われました。

 そして、最後に馬車に乗ったサンタさんとヴィクトリア時代の衣装を着た
 
 紳士、淑女の方々が、昔のクリスマスの様子を再現していました。

 フォートナム&メイソンの馬車も、お届け物を載せてやってきました。

 このサービス、今でも約2000ポンドで行われているそうです。

 
d0098198_0402959.jpg

[PR]
# by mrsylondon2005 | 2008-12-01 00:41 | 紅茶

ヴィクトリアンティーを楽しむ


    
d0098198_2354485.jpg
   

         今日はファーストレッスンの生徒さんが4名来て下さいました。

             ファーストレッスンは、英国で紅茶の習慣が定着した

         ヴィクトリア時代のお茶をイメージしたヴィクトリアンティーを

                       楽しんで頂きます。


              薔薇の花びらの紅茶を何種類か飲んで頂きます。

       先日、ロンドンでトワイニングに薔薇の紅茶を買いに行きましたが

     ベースの中国茶の農園が洪水のため、新しい紅茶が入荷するのは

             ず~と先になるとの事で、がっかりしてきました。


          でも、ロンドンの友人が先月買ってきてくださったものが

          まだ幾らかありますので、今日の生徒さんにも飲んで頂く事が

                           出来ました。


                     持つべきものは、友人ですね。

                       大切に使わせて頂きます。

                          どうもありがとう~
[PR]
# by mrsylondon2005 | 2008-11-20 23:06

美味しい紅茶の淹れ方



d0098198_2329546.jpg


          今日はロンドンから戻って始めての紅茶教室でした。

          寒い中皆さまお越しくださってありがとうございました。

             お教室のお陰で、時差も感じないでいられます。

 
d0098198_23303896.jpg


        今日の「美味しい紅茶の淹れ方と水の条件」はいかがでしたか?

      ロンドンより持ち帰りました、ニューエンズのビクトリア サンドウィッチを

                生徒さんに食べていただけて、嬉しいです。

 
d0098198_2331117.jpg


               ロンドンはすっかり、クリスマスモードでした。

           来月のクリスマス講座では、そんなロンドンの様子も

                    お話させて頂きますね。

 
d0098198_23315079.jpg


                どうか風邪など引かれませんように!!
[PR]
# by mrsylondon2005 | 2008-11-19 23:33 | 紅茶

ロンドンの四季を通して、心豊かな日常を綴ります


by mrsylondon2005
プロフィールを見る
画像一覧